LSI札幌クリニックのがん免疫細胞療法について
免疫細胞を増強してがんを抑制 樹状細胞療法をはじめ、身体に負担の少ないがん治療

あきらめないがん治療

がん免疫細胞療法

LSI札幌クリニックでの治療

がん免疫細胞療法専門の医療機関と連携

LSI札幌クリニックでは、免疫細胞療法の専門医療機関である瀬田クリニックグループと医療連携を行っております。
また、当院でお預かりした血液は、瀬田クリニックグループ医療機関の細胞加工施設に運ばれ、 専門技術者により培養・加工されます。培養途中で細菌などが混入することがないよう、徹底した品質検査を繰り返し行い、安全性を高めています。
瀬田クリニックグループの詳細はこちら

オーダーメイド医療(個別化医療)

がん免疫細胞療法の中にも数種類の治療法があります。また、「がんの種類」や「現在受けられている治療」により組み合わせが沢山存在する事になります。LSI札幌クリニックでは、患者様が現在受けられている治療等を考慮した上で、一人ひとりに最適な治療をご提案するオーダーメイド医療(個別化医療)を行っています<詳細はこちら>

LSI札幌クリニックでは様々な治療法を駆使して
がん治療をあきらめません

免疫細胞培養の技術と安全性

免疫細胞療法の品質 患者さんから採取した血液は、免疫細胞治療専門の培養施設(CPC:セルプロセッシングセンター)に運ばれ、血液中から取り出した免疫細胞を約2週間かけて増殖、活性化させます。 こうした細胞医療においては、本来体内にある細胞を生きたまま体外で培養・加工するため、きわめて高度な安全管理・品質管理体制が求められます。瀬田クリニックグループでは(株)メディネット(東証マザーズ上場)より 技術支援を受け、免疫細胞の培養を行っています。

厚生労働大臣認定瀬田クリニックグループ認定再生医療等委員会

当院の免疫細胞療法は、厚生労働大臣に認定された瀬田クリニックグループ認定再生医療等委員会にて審議を受けた再生医療等提供計画(厚生労働大臣に届出)に基づき、適正に提供されております。

▶詳しくはこちら

がん免疫細胞療法の治療実績

ここで紹介している治療効果のデータは、医療連携を行っている瀬田クリニックグループと当院を含む連携医療機関で、1999年4月~2009年3月に免疫細胞治療を1クール(6回)以上行った患者さん5,460名のうち、肺、胃、大腸、肝、膵、乳、子宮、卵巣の原発がん患者さんの1,198症例についてまとめたものです。

がん免疫細胞療法は、「がん」に対して約54.0%病勢コントロール率約25%有効率が示されております

※瀬田クリニックグループの治療成績より引用 詳しくはこちら>

上記からは、およそ半数の患者さんで、がんが縮小、あるいは一定期間がんの進行を抑えられたことが読み取れます(※)。※病勢コントロール率:54.0% = 完全奏効1.4%、部分奏効11.9%、長期安定12.1%、安定28.6%

なお、がんが画像上消失した場合は「完全奏効」、がんの直径が30%以上縮小した場合は「部分奏効」、がんが縮小しても30%に至らないものや大きさに変化がなかった場合は、その持続期間が6か月以上のものを「長期安定」、6か月未満を「安定」、そして進行を止められなかった場合を「進行」としています(この中には、治療により進行の早さが穏やかになった例も含まれます)。これらは「RECISTガイドライン」と呼ばれ、国際的に使用される治療効果判定のためのガイドラインをベースに作成したものです。

また、上記治療効果データの対象となった1,198名の患者さんの中には免疫細胞治療のみを受けている方と、化学療法など他の治療法を併用している方がいます。それぞれの結果について、以下の通りお示しします。

〇免疫細胞治療のみを受診した場合:病勢コントロール率53.4%、有効率21.7%、奏効率5.9%
〇他の治療と併用した場合:病勢コントロール率57.4%、有効率27.4%、奏効率17.0%

免疫細胞療法担当医

清野 研一郎

1991年 … 筑波大学医学専門学群 卒業
2010年 … 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授
2012年 … 同 副所長

【専門・資格】

消化器外科/免疫学

三浪 圭太

1997年 … 富山医科薬科大学 卒業
2009年 … 北海道がんセンター 泌尿器科 免疫腫瘍科医長

【専門・資格】

泌尿器系腫瘍
日本泌尿器科学会認定専門医/指導医 医学博士
腹腔鏡手術技術認定医/がん治療認定医

がん免疫細胞療法についてのご案内

TEL: 011-731-6669

診療時間 火・水・木 10:00~16:00
休診日  月・金・土・日曜・祝日