がん(癌)の再発予防での免疫細胞治療の活用について
札幌で免疫細胞を増強する免疫細胞療法ならLSI札幌クリニック

あきらめないがん治療

がん免疫細胞治療

がんの再発予防での活用

はじめに

LSI札幌クリニックのWEBサイトを訪れていただき、ありがとうございます。
このページをご覧になっている皆さまは、一旦がん治療が終了され、治療後の経過観察中あるいは再発予防治療を実施している方々が多いと思われます。再発のことを考えると、ご不安は尽きないことと思います。
その不安を解消するために、当院の免疫細胞治療がお力になれるかもしれません。少しだけおつきあい頂ければ幸いです。

癌はなぜ再発するのか?

治療によってがん細胞を排除できたと思っても、
治療時に発見できなかった微小ながん細胞がどこかに残っていて、
後になってから再発
という形で現れてくることがあります。
癌は再発すると、その後の治療が少し難しくなってしまいます。
再発を防ぐ治療として、身体のどこかに存在するかもしれない微小がんな細胞を叩くために、全身療法である抗がん剤が用いられるケースがよく見受けられます。

ただ、一部の抗がん剤では、免疫機能の低下など副作用が生じる場合もあります。
最近では副作用もかなりコントロールできるようになっていますが、身体に残存しているかどうかわからない癌に対して、副作用を生じる可能性がある抗がん剤を用いることについては、様々な考え方があるのも事実です。

再発の原因 治療時に発見できなかった微小ながん細胞

免疫細胞治療で全身の癌を攻撃

がん免疫細胞治療(免疫細胞療法)は、体外に取り出して培養・強化したご自身の免疫細胞を再び体内に投与して、癌を全身的に攻撃する治療です。
自分の細胞を使うことで、免疫機能の低下などの副作用の心配をせずに、再発の原因となる微小ながん細胞を全身的に攻撃できる点がメリットといえます。
また、現在実施されている抗がん剤・放射線治療など他の癌治療と併用することもできます。

がん再発予防で使用する治療の種類はこちら
免疫細胞治療→がん細胞を全体に攻撃

再発予防治療に用いる人が増えています

がん免疫細胞治療は再発予防目的で治療をお受けになる受診者さまが増えています。実際に、千葉県がんセンターや、国立がんセンターの研究により、手術後に免疫細胞治療を行うことで再発が減少し、生存率が高まったという結果が海外の権威ある学術誌に報告(Cancer Immunol Immunother(2014)、Lancet(2000)、Cancer(1997))されています。(※)

免疫細胞治療を再発予防に用いた症例

進行膵がんの手術後、8年間にわたり再発が抑えられた一例

化学療法・手術・免疫細胞治療を併用して、がんが完全消失した後、2年間がんを制御できている症例

その他の症例を見る

お気軽にご相談ください

自分の場合は免疫細胞治療を受けられるのか?
費用はどのくらいかかるのか?
医師やスタッフがご説明します。まずはお気軽にご連絡ください。

TEL:011-788-6669

Webでのお問い合わせはこちら

がん免疫細胞療法についてのご案内

TEL: 011-731-6669

診療時間 火・水・木 10:00~16:00
休診日  月・金・土・日曜・祝日