がん免疫細胞療法(がん免疫細胞治療)の流れと治療費
札幌で免疫細胞を増強する免疫細胞療法ならLSI札幌クリニック

あきらめないがん治療

がん免疫細胞療法

治療の流れ・費用

がん免疫細胞療法の流れ

  • 1 ご予約

    免疫細胞療法の受診は完全予約制となっております。あらかじめお電話にてご予約をお取りください。(TEL:011-731-6669)
    また、受診前に現在おかかりの先生にご相談のうえ、下記の資料を揃えていただきますようお願いいたします。
    ◆診療情報提供書(紹介状) ◆画像フィルム等

  • 2 初診

    免疫細胞療法のしくみ、治療効果、費用等についてご説明いたします。また、現在の症状やこれまでの治療経過についてよくお話を伺い、治療方針を決定していきます。

  • 3 採血

    免疫細胞の培養のための採血を行います。
    お預かりした血液は、医療連携する瀬田クリニックグループの細胞加工施設に運ばれ、治療に必要な免疫細胞を取り出し、約2週間かけて培養します。

  • 4 治療(投与)

    培養により活性化・増殖させた免疫細胞を点滴または注射により投与します。
    治療は1コース6回を基本方針としています。1コース終了後の治療継続に関しては、効果の確認を行い、ご相談のうえ決定します。

がん免疫細胞療法の治療費

がん免疫細胞療法は公的保険が適用されない自由診療ですが、治療費は医療費控除の対象になります。詳しくはお問い合わせください。

事例

医師と相談の上、ご希望によりかかる料金です。

60歳男性がアルファ・ベータT細胞療法を1カ月間行った場合の月額概算

アルファ・ベータT細胞療法
(αβT細胞療法)を受診

アルファ・ベータT細胞療法は
月2回実施されることが多いため

1回目

初診料

30,000円
(税別)

+
アルファ・ベータ
T細胞療法

200,000円
(税別)

+
管理料

55,000円
(税別)

+
輸送料

4,100円×2
(税別)

2回目

アルファ・ベータ
T細胞療法

200,000円
(税別)

+
管理料

55,000円
(税別)

+
輸送料

4,100円×2
(税別)

月額概算:¥556,400(税別)

免疫治療のサイクル
採血 免疫細胞の培養 投与 原則6回

相談にかかる費用

相談料
医師による初診相談料
(対象:がん患者様、がん患者様のご家族・ご友人)
主治医紹介状持参の方(約60分)=15,000円(税別)
その他の方(約30分)=料金はいただいておりません。

治療にかかる費用

初診料
初診料 30,000円(税別)
治療費

(1)自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法

(2)ペプチド感作樹状細胞ワクチン療法

(3)腫瘍内局注樹状細胞療法

治療回数はアフェレーシス(成分採血)で得られた細胞の数によって決まります。

6~12回分 細胞加工技術料 1,200,000円(税別)
アフェレーシス実施料 200,000円(税別)
1回ごと 管理料 55,000円(税別)
(1)の治療法の場合 腫瘍ライセート作製費 60,000円(税別)
セルローディングシステム
実施料
300,000円(税別)
(2)の治療法の場合 抗原ペプチド合成費 1種類につき
120,000円(税別)
1回ごと 細胞加工技術料 200,000円(税別)
管理料 55,000円(税別)
1回ごと 細胞加工技術料 250,000円(税別)
管理料 55,000円(税別)
1回ごと 細胞加工技術料 300,000円(税別)
管理料 55,000円(税別)

管理料には、免疫細胞療法を行うための諸費用【再診料、手技料(採血・点滴)、血液検査料(腫瘍マーカー・血算・生化学・感染症)、フィルムコピー料】等が含まれます。
6回の治療を基本コースとしていますが、治療の種類や治療回数は、医師と話し合いながら進めていきます。

輸送料
1回(片道分) 4,100円(税別)

輸送料とは、LSI札幌クリニックから培養施設までの輸送に掛かる料金です。

検査にかかる費用

検査費用
免疫組織化学染色検査料 14,000円~75,000円(税別) ※検査の種類や項目数により金額が変わります
HLA検査料 15,000円(税別)
免疫機能検査(FCM検査)料 20,000円(税別)

※リスク・副作用について:治療後、ごく稀に「軽い発熱、発疹等、倦怠感」が見られる事がありますが、それ以外、重篤な副作用は見られたことはありません。身体への負担が最小限の治療と考えています。

がん免疫細胞療法についてのご案内

TEL: 011-731-6669

診療時間 火・水・木 10:00~16:00
休診日  月・金・土・日曜・祝日