お知らせ

「医療ブログ」人工知能は医師を超えるのか?

Artificial_intelligence

いつもLSI札幌クリニックHPをご利用頂きありがとうございます。

人工知能の進化が著しいのは誰もが認めるところだと思いますが、知能ゲームとしての代表である将棋や碁でも、もはやトップの人間を超越したレベルとなっています。

医療の分野でも人工知能を取り入れて多くの成果をあげています。そう遠くない将来にも、ある程度医師の代わりにコンピュータが病気を診断して、治療方針を決定する時代となるのではと本当に考えています。

医師が患者さんを診る時、主訴と現病歴や既往歴を訊き、視診や聴診、触診などを行い、血液検査や心電図、画像検査などをオーダーします。そして、それらの結果を総合的に判断し、診断の絞込と鑑別診断を考えます。医師が行う診断の大部分の作業は、適当な補助機能を付けてやればコンピュータが代用できます。例えば聴診ですが、聴診器の代わりに心音図をつければ良いことです。視診だって動画を撮れば、それで済みます。それをデータ化するのです。

得られたデータは中央に存在する人工知能と繋がっており、そこに存在するビッグデータと照合し、数秒以内には可能性の高い順番に診断名が列挙され、鑑別診断もあげられるはずです。あとは、さらに人工知能と一緒に診断を進めていけばよいことになります。

では、医師は皆失業かというと、けっしてそうはならないでしょう。医療の分野には人間でなければできないこともたくさんあります。患者の心に寄り添った医療は、やはり人間しかできないことですから。

人工知能と人間との共存を最も図っていきやすいのが医療の分野だと思います。

ただし、今でもロボット医師は存在します。患者の顔を見ずに、黙々とコンピュータの画面だけをみて入力していく。そして、血液データのみを信じて、患者の聴診も触診もしないような医師。これは知能の伴っていないコンピュータ医師ですので、どうかお気をつけあれ。

Print

―この記事を書いた人―

<名前>斉藤 泰博
<資格・経歴>
医療法人 新産健会 副理事長
放射線専門医・内科医

Web
Web
Web

=================================================
PET人間ドック・がん免疫細胞治療「LSI札幌クリニック」
〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目2-50 TEL.0120-151-866 FAX.011-711-1337
LSI札幌クリニック ホームページURL https://www.lsi-sapporo.jp/
LSI札幌クリニック FacebookページURL http://www.facebook.com/lsi.sapporo
=================================================