早期のもの忘れを専門医の診察と画像で見つける

もの忘れ外来

もの忘れ外来

こんな症状が気になりませんか?

認知症(痴呆症)の種類と原因

認知症の種類には様々なものがありますが大きく分けると、脳が縮んでいく「アルツハイマー型認知症」、大脳皮質全般に特殊なタンパク質の固まりが出現し「幻視」の症状がみられる「レビー小体病」、脳の中の血管が詰まり小さな脳梗塞がたくさんできる「脳血管性認知症」の三つがあります。

過労不眠うつ

認知機能低下の原因は色々あります。

  • うつ病
  • 薬剤性(今飲んでいる薬によるもの)
  • 過労・不眠
  • 脳腫瘍
  • 頭の中の出血
  • 脳のケガ
  • 慢性硬膜下血腫
  • 水頭症
  • 甲状腺機能低下症
  • ビタミン不足
  • ホルモン不足
  • 肝臓疾患
  • 腎臓疾患
  • など…。

75歳以上の運転免許更新時の認知機能検査・診断書作成を行っています(改正道路交通法)

平成29年3月施行の改正道路交通法により、75歳以上の方で運転免許更新時や一定の交通違反があった際に警察で行う簡易の認知機能検査の結果において「認知症のおそれ」があるとなった場合、公安委員会の指示により、認知機能に運転上問題がないかどうかの検査・診断を受けることが求められます。
当院では改正道路交通法に基づく認知機能検査・認知機能診断、運転免許更新時の診断書作成を行っています。お気軽にご相談ください。

認知症診断に有効な「画像検査」を実施

認知症には色々な種類があり、それを診断する為「診察」だけでは無く「画像診断」も取り入れます。

一般的な診断

01認知機能検査

02詳細な診察

+LSI札幌クリニックはでさらに

早期のもの忘れを見つける画像検査

03MRI(1.5テスラ)検査

この検査で発見できる認知症

● 脳梗塞
● 脳出血
● 脳腫瘍
● 脳が委縮する病気 など

04脳血流SPECT検査

この検査で発見できる認知症

● アルツハイマー型認知症
● レビー小体型認知症
● 前頭側頭葉変性症/前頭側頭型認知症 など

診察手順

  • ご予約

    もの忘れ外来(物忘れ外来)の受診は前日までの完全予約制となっております。
    あらかじめお電話にてご予約をお取りください。
    (TEL:0120-151-866)

    <お電話でお伺いすること>
    ・受診者様のお名前
    ・受診者様の性別
    ・受診者様の生年月日
    ・受診者様の連絡先
    ・受診者様の体内金属情報

  • 初回診察(約30分~1時間)

    どのような症状に困っているか?どのような物忘れ症状があるか?既往歴や運動機能、自他覚症状などを診ます。

  • 認知機能検査(約30分~1時間)

    認知機能検査を行い、認知機能の確認をします。

  • MRI(約30分)

    MRIを使用して撮影をします。
    ※画像検査(MRI、SPECT検査は問診とは別日に実施)

  • SPECT(約1時間)

    SPECTを使用して撮影をします。
    ※画像検査(MRI、SPECT検査は問診とは別日に実施)

  • 結果説明(約30分)

    問診・認知機能検査・画像を確認し、現在の状態をお知らせします。
    ※場合によっては追加の検査をすることがあります。

もの忘れ外来(物忘れ外来)担当医

中野 正剛

1992年 … 東京医科大学 卒業
1992年 … 東京医科大学病院 老年科 入局
1995年 … 国立精神・神経センター武蔵病院 放射線科レジデント
1998年 … 国立精神・神経センター武蔵病院 精神科
1999年 … 国立精神・神経センター武蔵病院 もの忘れ外来
2008年 … 医療法人相生会 医師
2010年 … 医療法人相生会 認知症センターセンター長
2011年 … 東邦大学医学部客員教授
2018年 … LSI札幌クリニック

【専門・資格】

老年病学(特に認知症疾患)
核医学(中枢神経系の核医学)

日本内科学会認定内科医
日本核医学会専門医
日本老年医学会専門医
日本老年精神医学会専門医
日本認知症学会専門医
日本核医学会PET専門医
日本老年精神医学会評議員

もの忘れ外来(物忘れ外来)診療時間

診療時間 土・日・祝
午前 診察
結果説明
検査
検査 診察
結果説明
検査
検査 診察
結果説明
検査
午後 診察
結果説明
検査
検査 診察
結果説明
検査
検査 診察
結果説明
検査

※毎週木曜の午後は同法人のひがし在宅クリニックにて物忘れ外来受診者の治療を行っております。

物忘れ外来のよくある質問

注意事項

受診目的の確認

当院の「もの忘れ外来」は、今感じていらっしゃる症状が年齢に伴っているのか、それとも別の原因があるのかということを、画像の検査によって早期の段階から見つけることを目的としています。最近になって急激に症状が進んでいると感じる場合、既にどこかに通院されている場合は受診が出来かねます。※他の医療機関での受診から1年以上経過している場合はご相談ください。

受診後について

当院は検査専門の医療機関のため、治療やその後の定期的な経過観察は専門の神経内科への紹介、またはかかりつけ医の先生宛の紹介状をお書きいたします。

ご本人の了承

認知機能検査はご本人様の協力が必要となるため、ご本人様が検査の趣旨を理解し了承していることが理想です。どうしても難しい場合はもの忘れ外来であることをご本人様に伏せて受診していただくことも可能です。その場合は、「もの忘れ外来」ではなく「脳の健康診断」や「脳の検診」とご本人にお伝えし、予約時にその旨をお聞かせください。 ※かかりつけ医より発行された紹介状がございましたらご持参ください。

検査内容について

当院のもの忘れ外来は3日程(場合によってはそれ以上)、お越しいただく必要がございます。

付添について

普段の生活の様子を把握されているご家族の付添をお願いいたします。

もの忘れ外来のご予約 [完全予約制]

もの忘れ外来(物忘れ外来)の検査・検診のご予約はお電話にてお願いします。

TEL: 0120-151-866

診療時間:金 午前・午後