Q&A・よくあるご質問

FDG PET/CTのQ&A

FDG PET/CT

検査時間はどのくらいかかりますか?

待機時間含めて、約2時間以内で終了します。PETコースはコースにより変わりますが、全て1日で終了します。

FDG PET/CT

PET検査は誰でも受けることはできますか?

基本的に誰でも受けられますが、下記の方はご注意ください。

<1.基本的にお断りしている方>
妊娠中の方

<2.受けられない可能性のある方>
空腹時間を6時間以上取らなかった方
検査当日、空腹時の血糖値が200mg/gl以上の方
検査当日、血糖降下薬を服薬した方
検査当日、インシュリン注射をした方
20歳未満で「未成年者親権者同意書」の記載のない方
1週間以内にバリウム検査を実施した方
極度の閉所恐怖症の方

PET検査を受ける際の注意事項はこちらから(PDF)

FDG PET/CT

被ばくが心配なのですが?

PET検査はFDGからの被ばく線量は約4mSV(ミリシーベルト)です。 また、PET/CTになるとCTによる被ばくが加わり約7~15mSV(ミリシーベルト)になりますが、人体にはほぼ影響の無い量になります。

FDG PET/CT

PETならどんながんも見つけられますか?

多くの「がん」は 正常組織よりもブドウ糖を多く消費するため「がん」が5mm-1cm程度の塊となった時点で 検出が可能です。例外として、ブドウ糖消費がまわりの正常組織よりも高くない「がん」や、塊を作らずに粘膜の表面に広がるタイプの「がん」では検出が困難となります。

LSI札幌クリニックのPET人間ドックでは PET検査を他の検査と戦略的に組み合わせてできるだけ多くの「がん」を検出できるように工夫をしています。

FDG PET/CT

妊娠中ですがPET検査を受けられますか?

PET/CTの被曝線量は約7~15mSvです。成人では健康に問題が無い線量ですが、胎児や乳幼児など若年者に対する影響は現在のところ不明です。当院では可能な限り被曝線量を下げる原則(ALARA)から、妊婦や若年者に対する放射線を用いた人間ドック検査は基本的にお断りしております。

FDG PET/CT

授乳中ですがPET検査を受けられますか?

授乳期間を避けて実施して下さい。あえて行う場合は授乳中止期間を注射後24時間とし、また注射後12時間は乳幼児との密接な接触を避けるようにして下さい。

FDG PET/CT

高校に入学する前に受診してみたいのですが、何歳から受けれますか?

未成年の方(20歳未満の方)にPET人間ドックはおすすめしておりません。どうしても実施したい場合には「未成年者親権者同意書」をいただいておりますので、同意書をご確認の上、一度ご相談下さい。 TEL:0120-151-866   未成年者親権者同意書(PDF)ダウンロードはこちら ※保険診療の場合には主治医とご相談して下さい。 また、一般の健康診断を受けたい方は、法人内の下記のクリニックをおすすめ致します。 ことに・メディカル・サポート・クリニックHPはこちら スマイル健康クリニックHPはこちら