お知らせ

「医療ブログ」ノーベル生理学・医学賞 2017年度は日本人の受賞なし

ノーベル生理学・医学賞 2017年度は日本人の受賞なし

2017年度のノーベル生理学・医学賞は、米国人3人に決定しました。残念ながら、日本人の3年連続受賞は叶いませんでした。

受賞理由は「生物の体内時計の仕組みの発見」でした。従来から人間を含む生物は、体温やホルモン分泌などの基本的な生命機構を体内時計によって制御されていることが知られていましたが、どのようにしてそのリズムが作られるかは分かっていませんでした。

今回受賞した3研究者は、植物や動物、人間が、地球の回転に同期させて概日リズムを制御しているかのメカニズムに関して、遺伝子「ピリオド」が細胞レベルで制御していることを発見しました。

この研究は、海外旅行での時差ボケや、うつ病と不眠の関係などの研究に繋がるとされています。具体的には時計遺伝子を活性化させて体内時計を早めることができれば、乱れた体内時計を調節できる可能性がありそうです。

この研究がさらに進められ、一刻も早く睡眠障害の治療に結びつくことを願っています。

 

Print

―この記事を書いた人―

<名前>斉藤 泰博
<資格・経歴>
医療法人 新産健会 副理事長
放射線専門医・内科医


Web
Web


=================================================
PET人間ドック・がん免疫細胞治療「LSI札幌クリニック」
〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目2-50 TEL.0120-151-866 FAX.011-711-1337
LSI札幌クリニック ホームページURL https://www.lsi-sapporo.jp/
LSI札幌クリニック FacebookページURL http://www.facebook.com/lsi.sapporo
=================================================