お知らせ

「医療ブログ」人はなぜ眠るのか?

人はなぜ眠るのか?

皆さん、毎日よく眠れていますか?
わたしは、2,3年前から、突然といっていいほど不眠(入眠できない)状態になってしまいました。しかも、起床障害(起きるのが辛い)もあるので、毎日辛い朝を迎えます。

ところで人はなぜ眠るのでしょう?

人だけではありません。動物は皆眠ります。ただし、脳を持った、あるいは神経節という脳に近い器官を持った動物に限りますが。魚類は外敵から身を守るために脳を左右交互に休ませ、常に警戒しています。キリンはやはり外敵からの警戒で、とても短い時間(20分~1時間)しか睡眠を取らないそうです。動物によって睡眠の取り方は異なりますが、眠らないと死んでしまうとうのは共通のようです。

1.睡眠の役割

睡眠の役割

現在、睡眠は脳の疲労を回復させるためにあると考えられています。それから、記憶の整理、定着をするために必要ともいわれています。睡眠不足になるとひじょうに不快な気分となったり、徹夜で勉強しても能率が上がらず、またすぐに忘れてしまうのは誰もが経験していることではないでしょうか?

2.レム睡眠とノンレム睡眠

 レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠にはレム(REM:Rapid Eye Movement)睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。レム睡眠は文字通り、睡眠中に眼球運動が上下左右に速く動いているのが特徴で、夢を見ていることが多い(夢を見ていたことを覚えていることの多い)睡眠のことをいいます。なので、夢見睡眠とも呼ばれています。

それに対して、ノンレム睡眠は脳細胞の活動が低下するので、脳を休ませるための睡眠といえますが、同時に筋肉も弛緩するので身体を休める機能も持っています。

一見不要とも思える睡眠ですが、人が生きていく上では絶対に必要なものです。睡眠時間が平均より短い人では、寿命が短くなるという統計データもあります。また、睡眠は単に時間だけでなく、その質も大切です。「質の良い睡眠」とは「深いノンレム睡眠」を取ることだそうです。

「寝る」、「眠る」という語を含むことわざとして、「寝食を忘れる」、「寝る子は育つ」、「寝ても覚めても」、「寝た子を起こす」などがあります。

何かに「寝る間も惜しんで」熱中するのは良いことかもしれませんが、ゲームで夜更かしは褒められることではありません。

わたしはどちらというと「果報は寝て待て」派です。どんな良い知らせが届くのやら、毎日楽しみに待っています。

 

Print

―この記事を書いた人―

<名前>斉藤 泰博
<資格・経歴>
医療法人 新産健会 副理事長
放射線専門医・内科医


Web
Web


=================================================
PET人間ドック・がん免疫細胞治療「LSI札幌クリニック」
〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目2-50 TEL.0120-151-866 FAX.011-711-1337
LSI札幌クリニック ホームページURL https://www.lsi-sapporo.jp/
LSI札幌クリニック FacebookページURL http://www.facebook.com/lsi.sapporo
=================================================