お知らせ

「医療ブログ」がんもどき

ganmodoki

いつもLSI札幌クリニックHPをご利用頂きありがとうございます。

「がんもどき」、もちろん食べ物の話しではありません(笑)。医師である近藤誠氏が言っている「癌もどき」についてのお話しです。近藤氏によれば、がんは「転移する本当のがん」と「転移しないがんもどき」の2種類が存在するとのことです。

がんもどきは転移しないので治療を行うべきではない。本当のがんは早期発見しても転移しているので、治療自体に意味がない、と述べています。したがって、「患者よ、がんと闘うな」、「がんを早期発見する必要はない」、「がん検診は意味がない」という主張になるのだと思います。

がんであるか否かの最終診断は病理検査でなされます。しかし、これも人間が行うことですから、良性か悪性か、はっきりしないことも稀に存在します。私見ではありますが、これをがんもどきと呼ぶことには異存ありません。数年後に再発、転移して、やはりがんだったということもありうるでしょう。

近藤氏は、「本物のがん」と「がんもどき」は外見上の区別がつかないと述べています。だから病理検査でがんといわれても、がんもどきの可能性もあるので放置せよという理論展開になるのだと思います。がんにはステージングといって、大きさや進展度、転移の有無などによってがんの進行度を評価する尺度があります。それによれば、ステージが高いほど死亡率も上昇します。ステージの低い早いうちに発見し治療すれば、治癒する可能性も当然ながら高くなります。

がんを放置することは、すなわちステージが上がってしまうことに繋がります。「早期発見、早期治療」はがん治療の1丁目、1番地です。

がんが見つかった場合は「自分で勝手にがんもどきかもしれないから、しばらく様子をみよう」などと変な思い込みをせず、適切な治療を受けられることを切に望みます。

Print

―この記事を書いた人―

<名前>斉藤 泰博
<資格・経歴>
医療法人 新産健会 副理事長
放射線専門医・内科医


Web

Web
Web

=================================================
PET人間ドック・がん免疫細胞治療「LSI札幌クリニック」
〒065-0013 札幌市東区北13条東1丁目2-50 TEL.0120-151-866 FAX.011-711-1337
LSI札幌クリニック ホームページURL https://www.lsi-sapporo.jp/
LSI札幌クリニック FacebookページURL http://www.facebook.com/lsi.sapporo
=================================================